プロミスの借入れ経験者に突撃インタビューしてみました!

管理人:沢山ある会社の中から何故プロミスを選ばれたのですか?

 

Mさん:私が使ってる三井住友銀行の口座への振込が手数料無料っていうのに惹かれました。

 

管理人:いつもどのような借り方をしていますか?

 

Mさん:私はレディースキャッシングで借りてますね〜。電子マネーのEdy対応だから、現金を持ち歩かなくていいの。女がお金を沢山持ってると危ないから助かるんですよ。

 

管理人:沢山ってことは、借りるの金額は多い方なんですか?

 

Mさん:いえいえ、2〜3万円くらいですよ。それでも生活に困って借りたお金だから盗られたら困るでしょ(笑)

 

管理人:生活費がなくなったら借りることが多いみたいですね。

 

Mさん:次のお給料貰ったらすぐ返しに行きます。ポイントサービスに登録していれば30日までは利息無料なのに忘れてて余計な出費したら嫌だから。でもプロミスのレディースキャッシングは利息が低いから大丈夫な方かな。

 

管理人:結構お金にシビアな考えをお持ちのようですが、借りることに抵抗を感じることはありますか?

 

Mさん:プロミスに対しては全くと言っていいほどありません。CMのイメージがあるからかな。爽やかな印象が強いです。

 

管理人:返済に困った時はどうしてますか?

 

Mさん:あまりそういうことは無いですね。あらかじめ、スマートフォンのサイトで自分がいくら位までなら返済に困らないか確認してるんで。でももしそうなったらお客様サービスプラザっていうのがあるらしいから、相談しに行きますよ。土、日、祝日は受付て貰えないみたいだから気をつけなきゃね。

 

管理人:10秒振込(瞬フリ)はいつでも便利ですが、特にどのような時に助かると感じますか?

 

Mさん:お財布持たずに女子会にむかってる時とか。仲は良いけど、金銭の貸し借りはプライドが許さないんです!途中でお財布がないことに気がついたけど家に引き返してる時間がないって時に「良かったプロミスで借りとこう…」て感謝してます。途中で足りなくなったら追加で借りることもたまにありますし。

 

管理人:プロミスの瞬フリが最大限にご利用いただけているようですね!では、プロミスからキャッシングしていることは周知の事実という事でしょうか?

 

Mさん:そうですね〜。友だちにお金貸してって頼まれることもあるけど、私も借りるくらいだか金欠でしょ?そんな時はプロミスで借りる事を勧めてます(笑)みんな手続きが面倒だと思ってるから、私の話を聞いて「意外と簡単なんだ〜!」って驚いてます。

プロミスを利用するための法律

プロミスは古くからサービスを提供していますが、法律の改正によってサービスの内容は変化しています。貸金業法が改正されたことによって、グレーゾーン金利が撤廃され、また違法な営業を行っている業者が一掃されるなど、利用者を守るために改正が行われたといえるでしょう。
それとともに総量規制が導入されました。総量規制も利用者を守るためのものです。しかし、総量規制によって利用しにくくなったという側面は否定できないでしょう。総量規制とは、年収の3分の1までしか借りることができないというシステムです。もしも年収が300万円であれば、100万円までしか借りることができないのです。返済のことを考えれば、それくらいでも十分だといえるでしょう。ただ、一時的に大きな資金が必要となる場合もありますから、そのようなときには対応できなくなっているといえるでしょう。自分の年収を確認したうえで、どれくらいまで借りることができるのかを把握しておくことも必要です。